ハワイで不動産投資をする場合、まずイメージしやすいのは、ホノルル市内ワイキキ周辺かと思います。
勿論これらの地域はハワイでの物件購入、投資をする上では人気のスポットではあります。
でも、なにもハワイはこの地域にしか物件がないわけではないですし、他の地域だって気になりますよね。

今回体験談を紹介する山之内さんは、ハワイの様々な地域の物件を検討された方です。
ハワイの物件選びを進めているかたは、是非参考にしてみましょう。

当初はワイキキ中心に検討していたが・・・

私は山之内(30代後半)といいます。
小さいながら会社を経営していて、比較的上手くいっています。
いまから数年前になりますか、余剰資金がかなり出てきたので、不動産投資を拡大しようと考えていました。

いまもそうですが、当時すでに日本国内、都心部で1ルームマンションを部屋単位で幾つか保有していました。
都心なので利回りは低いですが、切れ目なく借り手がついていたので、状況は悪くありませんでした。
追加で資金が発生したので、不動産投資を拡大しようと思ったのですが、資産のリスクヘッジも兼ねて、今度は海外不動産に挑戦することにしたのです。

本来だったらどの国の不動産に投資するか、というところから考えるのかもしれないですがちょうどそのころ、ハワイだったら資金さえ許せば、比較的簡単に不動産投資を始められるということと、ハワイの不動産市場は長期間、堅調であることをふと知りました。
>参考 ハワイ不動産の価格と市場の変化
また、日本語に堪能な仲介業者も多いと聞いたので、海外不動産投資の入り口としては、ちょうどいいかと思い、まずはハワイで物件探しをしてみることにしました。

その後、様々な記事を読んだり、ちょっとしたセミナーなんかにも参加してみました。
セミナーではとりあえずハワイでの不動産投資の入り口としては、「コンドミニアム」が無難という話を耳にしました。

そもそも借り手がつきやすい地域は、どうしても一軒家よりコンドミニアム中心となっており、移住を想定していない「純投資」としては、コンドミニアムがいいだろうとのことでした。
確かにいきなり土地+物件を購入してしまうのは、素人考えながらリスクが高い気がして、セミナーの言う通り、コンドミニアムを検討することにしました。
>参考 ハワイでの不動産購入は、コンドミニアム・一軒家それぞれの目的に応じて選ぶ

これもセミナーの受け売りですが、間違いないのは「ワイキキビーチ周辺」ということで、最初はこのあたりで物件を探しました。
住環境も利便性も良く、もちろんきれいなビーチも魅力的で「住むならここ!」というのは、間違いなかったのですが、気になったのは物件が人気過ぎて、過熱気味な印象があったことでした。

50万ドル以下ではいい物件は、たとえ1ベッドルームでも難しいという話で、投資利回りもかなり低い印象がありました。
地価の推移はハワイの中でも、とびきり堅調ということで、キャピタルゲインも見込める点は魅力でしたが、もう少しほかの地域も見てみようと思いました。

ダイヤモンドヘッドやカハラも見たが、決めきれず

迷うワイキキはなかなか手頃なコンドミニアムがみつからず、直感的に借り手がつきそうな物件は総じて高く、いきなり購入するのは少しリスク高いのかなと思いました。
そこでもう少し郊外を見てみることにしました。

具体的にはさらに東側に位置するダイヤモンドヘッド地区や、カハラ地区です。
このあたりは東京でいうと、田園調布みたいな場所にあたるんですかね。
いわゆる「少し郊外だけど高級住宅地」といった感じです。

正直このあたりはコンドミニアムより一軒家の物件の方が多かったですね。
たぶんそれはいまも変わらないかもしれないです。

そもそも当初のターゲットを変更して、一軒家を攻めるか?という考えもよぎったのですが、郊外の高級一軒家の賃貸というのが、どの程度借り手がつくものなのか自信がなかったので、やめておくことにしました。
日本でも高級住宅街の賃貸一軒家物件が、簡単に借り手がつくイメージがなかったので。
ハワイも遠からず近からずかな、という気がしていました。

価格も一軒家となると、ダイヤモンドヘッドで80万ドル前後、さらに高級なカハラ地区に至っては150万〜200万ドルと、非常に高額でした。
カハラについてはそもそも資金オーバーですし、ダイヤモンドヘッドでも充分なインカムゲインが見込めるのか、正直不安でした。

一方でこのあたりは、コンドミニアムの物件自体がとても少ないみたいでした。
まだダイヤモンドヘッドの方がありましたので、まずはそちらで検討をしてみました。

事前情報では、平均価格は50万ドル程度と聞いていましたが、感覚的にはもう少し高い気がしました。
物件価格が二極化している印象で、魅力的な物件はいずれも予算オーバーでした。

ほどよい50万ドル程度の物件がとても少ないように感じました。
また、郊外であることから、家族住まいを想定している物件が多く、コンドミニアムについても、複数のベッドルームの物件がおおく、それらはさらに価格水準を釣り上げているようでした。
結局検討しやすい1ベッドルームクラスでは、あまり魅力的な物件は見つからなかったです。

ダイヤモンドヘッドは山の麓に当たるため、安い物件なんかだと「山に近い」印象が強くなり、海のイメージが強いであろう「ハワイに住みたい人」に好まれるか不安でした。
仕方なく改めてカハラ地区に目を移してみると、こちらはコンドミニアムがさらに少ないというか、ほとんど一軒家でした。

数少ないコンドミニアムは、かなりハイエンドクラスをターゲットにした印象の物件が中心で、もちろん内装はラグジュアリーオーシャンビュー、設備も非常に魅力的なものが多かったのですが、値段は流石に手が出ないものばかりでした。
あの価格の物件がいくつもあるなんて、自分もそれなりにお金を稼いできたつもりでしたが、「上には上がいるんだなぁ」という感じでした。

また、時折「安いぞ?」と思ったら、借地権方式のものが多かったです。
これは毎月地代を支払わなければいけないので、月々のキャッシュアウトが大きく、とても「投資」とは呼べるものでは、ありませんでした。

正直こうした物件はローンを組んで、借地権なしの物件を購入するよりも割高な印象でした。
今は日本でも比較的低利で海外不動産の担保ローンを扱っている金融機関もあるみたいですからね。

この借地権方式はカハラのコンドミニアムに多い印象でした。
おそらくカハラの不動産価格水準が高すぎて「普通のスキームでは買い手が付きにくいから」だと思いました。
純投資であることを考えると、この借地権方式は充分な利回りを出すのは、難しそうでした。

というわけで、結局郊外の高級住宅地、ダイヤモンドヘッドやカハラは、いずれもめぼしいコンドミニアム物件がなく、この地区での投資を断念したというわけです。
もう少し田舎に行ってみるか、もう一度ホノルル中心に戻ってくるか悩んだのですが、正直ハワイはホノルル周辺にしか土地勘がなかったので、島の東西や北部に行くのは、いささか不安でした。

「ワイキキはちょっと高かったけれど、もう少し市内を探してみよう」。
そう思い、ワイキキ周辺の地域を物色してみることにしたのです。

最後に物件を決めたのはカカアコ

様々な物件を見ながらもなかなか決めきれなかった私は、また市街地に戻ってきた形で、カカアコ地区を物色し始めました。
カカアコ地区はアラモアナの西側に当たる地域で、アラモアナのショッピングセンターなんかも近接している便利な場所です。
もちろんビーチにも面しています。
最近開発が積極的に行われていて、新しいコンドミニアムがどんどん建設されています。

ワイキキ同様に、きれいなビーチに面していながら、商業施設にも近いという好立地である点は、もちろん魅力的でした。
そしてワイキキよりさらに魅力に感じた点が二つありました。

一つは今開発中だからこそ、築浅のコンドミニアムが多かったことです。
アメリカは日本ほど築年数にセンシティブではなく、リフォームなどを繰り返して相応に年数の経った物件もごく普通に流通しています。
日本とは違い、古い物件=安いとは必ずしも言えないのです。

しかし、自身が正直築浅のマンションにしか住んだことがなかったので、何となく古い物件に投資するのは気が引けました。
この辺りは日本人の感覚が強く残ってしまっていたわけですが、同時に「敢えてその感覚に逆らうこともないだろう」と思い、このカカアコで築浅・優良物件を探すことにしました。

幸いなことに、そこには自分が「住んでみたい」と思えるような優良物件がたくさんありました。
「自分が住みたいと思えるのだから、ほかの人にだって魅力的だろう」
最後はそんな風に考えました。
その点、このカカアコは住環境も、物件自体もとても魅力的に感じました。

二つ目は開発中のため、物件価格がワイキキなどよりも一回り安く、またこれからまだまだ発展の余地があるため、キャピタルゲインも見込めるように感じられたところでした。
このあたりはリスクもあるのは、わかっていたのですが、アラモアナに近いこの土地の人気が下がるとはあまり思えませんでした。

また、ワイキキではなかなかいいものが見つからなかった50万ドル程度の物件も複数見つかったので、この価格帯の物件に投資して賃料収入を得ながら、価格の上昇もうかがうというのが賢い選択に見えました。

様々な地域を見に行ったわけですが、最終的にはこのカカアコで、当時築5年程度の築浅賃貸物件を購入し、賃貸向けに貸し出しました。
アラモアナ至近の好立地が功を奏したのか、比較的にすぐに借り手はつき、順調な運用状況が続いております。

当所の目論見通り、この地区はさらに人気となっており、いずれ売却するときも、うまみがありそうに感じております。
今は本業の方もすこぶる好調でございまして、再びキャッシュが貯まってきたので、またハワイで物件購入をしようかなと考えているところです。
>参考 ハワイで不動産をもつならカカアコ !お勧めコンドミニアム

最後に

ハワイの中で様々な地域を検討した山之内さんでしたが、最終的にはあえて開発が進む「カカアコ」を選択していたのでした。
ハワイはとくにホノルル周辺ですと、非常に魅力的な物件が多く、迷ってしまいます。

自分の予算とも相談しながら、最後は「自分が住むなら便利かどうか」
そんな感性を優先するのも一案かもしれません。

ハワイでの不動産購入をご検討ですか?
おすすめの記事