ハワイ不動産を購入しようと考えた時に、どんな種類の不動産を選ぼうかな、という迷いはありますか?

日本で不動産投資の戦略を考えるときに、新築・中古、マンション・戸建一棟アパートなど、複数の選択肢があるように、ハワイでも不動産投資の対象には、色々な種類があります。
日本と共通するような概念もありますが、リゾート地ハワイならではの不動産の持ち方もあり、日本では聞きなれない用語もあると思います。

この記事では、ハワイの投資用不動産の種類や特徴について、ご説明したいと思います。

コンドミニアム

まず、日本の分譲マンションにあたる、コンドミニアムに投資するという手法から説明します。

コンドミニアムの利点は、ある程度大量に同じ規格の物件が、同じような価格で市場に出回っているので、売却などの流通が比較的容易であるところです。
需要が安定的にありますし、戸建て等に比べると、価格も抑えられるので、買い手の母数がおおく、換金性にすぐれています。
戸建と分譲マンションの差をイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。

一般的にコンドミニアムは、躯体がしっかりしており、共用部分については、経年劣化や雨漏りなど、建物のメンテナンスに必要な大家としての行為を、管理組合がやってくれるという利点があるので、戸建よりは管理が楽といえます。

日本に居住しつつ、ハワイに物件をリモートで持つ場合、離れた土地から物件を管理しなければならないので、物件管理に手間がかかりすぎることは、避けたいところですので、この点はメリットであると言えるでしょう。
ただし、次に紹介するホテルコンドミニアムよりは、清掃、コンシェルジュサービス等が付いていない分は、自分で物件管理会社と契約するなどして、別途カバーしなければなりません。

郵便の受け取り等や通風等もお願いすることを考えると、管理会社への委託はマストです。
不動産を購入する際の不動産エージェントを通して、管理会社を紹介してもらえることが多いので、ご自身が信頼できて、コミュニケーションがとりやすい業者を選びましょう。

コンドミニアムを買うときに、意外な盲点として、配水管の関係から洗濯機がおけない部屋があることがありますので、購入前に必ずチェックしましょう。
購入しようとしているコンドミニアムが、過去、ホテルまたはホテルコンドミニアムとして運用していた場合、注意が必要です。
ホテルの場合は、タオルやシーツ等のクリーニングサービスがあるので、必ずしも洗濯機が必要でないので、排水管が通っていない部屋があります。

こういうコンドミニアムを買った場合、コインランドリーが近くにないと、思わぬ不便をこうむることがあります。
ハワイは気温が高いので、毎日のように洗濯をしたくなると思いますので、意外と重大な問題です。

ホテルコンドミニアム

ホテルコンドミニアムホテルコンドミニアムというのは、ホテルチェーン等が、アメニティ、コンシェルジェ、ベッドメーキングなどのホテルサービスがついたホテルとしてのビジネス形態のまま、部屋のオーナーシップを個人に売るというものです。

このタイプの物件の持ち方は、日本ではあまり見られないので、観光地ハワイならではかもしれません。
オーナーといえど、自分で利用する場合は、ホテルに泊まるのとほぼ同じで、ホテルの予約や、チェックイン・チェックアウトが必要です。

ホテルコンドミニアムのメリットとしては、以下のような点があげられます。

・少し長期ステイしても、宿泊代が高くつくという心配がない
・ハイシーズンでも確実に部屋をおさえられる
・友人等にも貸して感謝してもらえる
・一流のホテルサービスが味わえる

一方、デメリットとしては、以下のような点があげられます。

・不動産として自分の所有しているモノとしての感覚がわきにくい
・固定資産税が高め
・ホテルの利用ルール(ペット不可など)

コンドミニアムやホテルコンドミニアムを選ばれる方は、休暇などでご自身やご家族が使うとき以外はレントに出したい、つまり、自己利用と不動産投資、どちらもやりたい方もいるかと思います。
ワイキキは特別区に指定されているので、1ヶ月以下での短期賃貸が認められているので、こういった利用方法に適しています。
ホテルコンドミニアムについてさらに詳しく

タイムシェア

タイムシュアというのは、上述のホテルコンドミニアムを、複数の所有者が共有でもつという方法です。
シェラトンやヒルトンなどが、タイムシェアの説明会や体験宿泊会を、日本でもよく開催していますので、耳にされたことがある方も多いかもしれません。

タイムシェアでは、通常1週間程度、ホテルコンドミニアムを利用する権利を購入します。
1週間程度ホテルを利用する権利と聞くと、通常のホテル利用と変わらないのではというイメージがわきがちだと思います。
通常のホテル利用との違いは、登記も相続や売買もできる資産になるというところです。

また、同じシェラトングループでハワイのタイムシェアを購入した方が、シェラトンのオーストラリアのタイムシェアを購入した方と、お互いの利用権を交換できるという、エクスチェンジが出来るホテルグループもあります。
ハワイは大好きだけれど、たまには違うリゾートで夏休みを過ごしたいというニーズにあわせたものです。

このように、タイムシェアは不動産所有とホテル利用の中間みたいなものなので、夏休みの決まった期間に毎年海外に行きたいと考えているファミリーなどに人気があります。
ハワイのタイムシェアについて詳しく

フラクショナルオーナーシップ

フラクショナルオーナーシップというのは、ひとつの物件を複数の人が共有でもつという所有権の形です。
日本でいう持分共有のようなもので、共有者同士が調整して、お互い重ならないように、それぞれが物件を利用する期間を決めます。

部分的とはいえ、オーナーシップ、つまり所有権ですので、登記や相続売買もできます。
フラクショナルオーナーシップは、権利の持ち方の一つですので、コンドミニアムのほか、後述する一戸建てやタウンハウスなど、不動産の種類は任意です。

持分が共有なので、物件そのものを立て替えたりするときは、他のオーナーの合意が必要、利用期間も他のオーナーとの調整になるといった、デメリットがあります。

ただ、フルオーナーシップよりも安価で良い物件を所有できる固定資産税やメンテナンスにかかる費用も共有者と負担をできる、というメリットがありますので、リーズナブルにハワイでの不動産所有ができます。

戸建

ハワイ不動産コンドミニアムよりは数が少ないですが、ハワイでも戸建の投資用物件は、市場に出ています。
ハワイ州を含め、アメリカの戸建は日本のそれに比べて面積が大きく、プールが付いている物件も少なくありません。

ワイキキはあまり土地が余っていないため、中心地から少し離れた物件が多いので、駐車場と車は必要になることがほとんどです。
日本と違い、ハワイでは地震がほとんどないせいか、木造で平家が多いです。

立地や用途の関係から観光客にレンタルする需要はあまりないので、投資用というよりは、ご自分の別荘として使うイメージです。

タウンハウス

タウンハウスは日本のアパートのような木造の連棟の住宅です。
一棟の建物を複数の住居区分にわけ、壁部分は共有されています。

一棟の中に4-5件の住宅がはいっていて、パーキングスペースがあることが多いです。
完全な戸建てよりも、価格設定がリーズナブルというメリットがあります。

観光客向けの短期賃借ニーズというよりは、例えば、ご夫妻のセミリタイア向けの数ヶ月単位の居住物件というニーズのほうが合うでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。
一口にハワイ不動産といっても、さまざまな種類と特徴があることをイメージいただけると幸いです。
ご自身のニーズにあった物件を見つけられることを、お祈り申し上げます。

ハワイでの不動産購入をご検討ですか?
おすすめの記事