近年、宿泊のあり方が多様化していますが、新たに注目を集めているホテルコンド(コンドテル)はご存じでしょうか?
世界中からの観光客が集まるハワイは、通常のコンドミニアムの他に、このホテルコンドと呼ばれる物件が非常に多くあります。
ハワイで休暇を過ごすために、ホテルを利用するのが定番ですが、長期のバカンスならば、ホテルコンドを使うのも選択肢の一つです。

また、ハワイに別荘を所有したいけれど、自分が利用しない期間は、貸し出して活用したいと考えるオーナーの方が多いようです。
そのようなニーズにも応えることができるのが、ホテルコンドミニアムです。

そこで、今回はご自分の別荘としても、賃貸としても活躍できるホテルコンドについてご紹介します。

ホテルコンドとは?

ホテルコンドとは、日本では、分譲ホテルに当るものです。
リゾートマンションとして、ホテルの一室を所有しつつ、オーナーが使用しない期間は、部屋を観光客などに一日単位で貸すことができるシステムになっています。
簡単に言うと、物件の管理や運営など、面倒な手続きをホテル運営会社に委託しているコンドミニアムのことです。

そのため、ホテルコンドは、保有する資産価値の変動によって得られるキャピタルゲインの他に、賃貸することで得られる家賃収入などのインカムゲインを享受できる不動産として注目されていいます。
ハワイに別荘を所有したいけれど、管理の手間などが面倒と考えている方、ハワイに訪れることが多いけれど、長期間は滞在しない方にとって、ホテルコンドはまさにピッタリな不動産と言えるでしょう。

ホテルコンドの特徴

では、ホテルコンドについて、詳しくみていきましょう。

別荘を合理的に所有できる

ホテルコンドは、ホテルチェーンに管理や運営を委託し、一般的なホテルとして観光客などに貸し出しを行い、賃貸収入を得ることが可能です。
もちろん、オーナーご自身が宿泊できます。

各コンド内に設置されているホテルチェーンのオフィスが、集客、物件の管理、ハウスキーピング、管理報告書の作成まで行ってくれるため、手間がかかりません。
海外での不動産所有が初めての方でも煩わしさが少ない点がメリットです。

通常のコンドミニアムでは、最低30日以上という賃貸契約期間が決められていますが、ホテルコンドは1日単位で宿泊客に部屋を貸し出せます。
そのため、ホテルコンドは、宿泊客の需要が見込めそうな、良く知られているリゾート地に多いことが特徴です。

オーナーが部屋を利用しない期間に客室として貸し出し、その収益の中から、賃料をオーナーにペイバックします。
オーナーにとっては、投資による収益が得られる合理的なシステムといえるでしょう。

また、宿泊料は多くの場合、前払いのため、家賃の滞納などに頭を悩ませる必要はありません。
万が一、家賃の滞納があったり、部屋に損傷があったりしても、運営会社がリスク管理してくれるので安心です。
内装や家具類、備品については購入時にすでにホテル指定のものが揃っているので、家具や備品を改めて購入する必要もありません。

所有権はコンドミニアムと同じ

ホテルコンドは、週単位につき、所有の権利を有する「タイムシェア」とは違います。
ホテルコンドの所有権は、あくまでも通常のコンドミニアムと同じです。

土地所有権付きの物件も数多くあります。
ハワイに別荘を所有したい方にとって、土地所有権付きのホテルコンドは、ハワイ別荘のオーナーとしての満足感を得られるはずです。
ただし、部屋を一般の宿泊客に貸し出すため、物件のオーナーとはいえ、オーナー自身の所有物を部屋に置くことは基本的には出来ません。

管理がしやすい

管理がしやすい点は、ホテルコンドの大きなメリットといえます。
物件により多少ルールは異なりますが、オーナーが滞在したい期間は、宿泊ができ、部屋を利用しない期間は、観光客などに数日間から長期まで貸し出しできるため、一般のホテルやコンドと同様に運用されます。

ハワイで不動産を購入すると、従来はオーナーが利用しない期間は、オーナー自身が管理運営して貸し出したり、あるいは中小の管理会社に委託したりする方法しかありませんでした。
しかし、ホテルのようなマーケティングを中小規模の管理会社に求めるわけにはいかず、中長期の貸し出しが中心となるため、どうしても稼働率も落ちてきます。
一方、ホテルコンドでは、ホテル運営会社、もしくは旅行会社が集客を行ってくれるため、部屋の稼働率もほとんど一般的なホテルと変わりません。

安定した賃貸収入

ホテルコンドを所有する最大のメリットは、ハワイに別荘を持ちながら、オーナー自身が利用しない期間は、ホテルとして活用できる点ですね。
通常のコンドミニアムと異なり、一日単位で貸し出しを行って宿泊料を得られるのです。
稼働率が良ければ、安定した賃貸収入となるでしょう。

ただ、収益といっても、宿泊費収入がローンや管理費、あるいは固定資産税などの諸々の経費を超えることは、ほとんどないようです。
そのため、宿泊費収入に大きな利益を期待するのは難しいですが、経費の一部を賄えるのは有りがたいですね。

有名なホテルコンドの購入がおすすめ

好きな時に旅行して宿泊できるホテルコンド。
ホテルコンドはハワイが発祥と言われており、ハワイでは特に盛んです。

ハワイが大好きで資金にも余裕がある方にとっては、ホテルコンドの購入は、価値があるでしょう。
購入の際には、どのホテルコンドがよいか迷われると思いますが、まず有名なホテルコンドを選ぶことをおすすめします。

その理由は、運営体制がしっかりと確立しているからです。
大手ホテルチェーンのコンドならば、宿泊費は前もって徴収し、また保険にも加入するため安心です。

また、有名なホテルは立地が良いところに多いので、資産価値が上がることも期待できます。
さらにホテルのネームバリューで集客できるため、空室を減らすことができるのも、有名ホテルのメリットです。

実際、有名ホテルコンドの部屋が売りに出されると、買い手が直ぐに見つかり、売却がスムーズに行われることが多いようです。
特にワイキキでは新規開発用地が少ないこともあり、不動産需要が高いため、築年数に左右されない、高い資産価値を誇っています。

ホテルコンド購入時の注意点

注意ホテルコンドと従来のコンドミニアムで、異なる点はどこにあるでしょうか?
購入時に注意すべき点をまとめました。

自分の備品は置くことができない

自分の備品を室内に置いておくことができない点は、デメリットといえますが、一般のホテルとして貸し出すのですから、それは当然かもしれませんね。
ただし、ホテルコンドには一般的にオーナーの所有物を置ける小さなBOXが部屋にありますので、小物なら保管できるでしょう。
また、ストレージが必要な方は、ホノルルに多くある貸し倉庫(月単位で20$位から)を利用する方法があります。

内装の手直しはできない

ホテルコンドでは、そのホテルのブランドに応じたホテル指定の内装が施されているため、オーナーとはいえ、自分の好みに手直しすることはできません。
購入時の価格には内装、家具、備品の価格も含まれているのです。
しかし、家具や備品などを改めて購入する必要がない点は、手間がかからないのでメリットとして考えられます。

ハワイで通常のコンドミニアムを所有すると、家具の購入・設置が必要です。
自分の好みに内装を手直しできますが、新たに海外で家具などを購入して設置するとなると、時間と手間がかかってしまいます。

時期によってはオーナーが利用できないケースもある

ホテルコンドはホテルとして運用しているため、オーナーがハワイ滞在時に宿泊する際にも、もちろん事前の予約が必要です。
繁忙期などはタイミングが悪いと、利用できないケースが発生することもあります。

また、物件によってはオーナーが宿泊できる日数に上限が決められているところもあるため、長期滞在が多い方は購入前にしっかり確認しておきましょう。

維持費は比較的高い

ホテルコンドは、ホテル運営会社によって運営されますが、運営会社側に支払う運営費用は、比較的高い場合が多いようです。
また、固定資産税も通常のコンドミニアムより税率が高くなります。

ただし、部屋の稼働率が高ければ、宿泊費の収入で運営費や管理費、保険料などの維持費の多くを賄えるでしょう。
収入を増やすためには、立地が良く、稼働率の高いホテルコンドを選ぶことが重要といえます。

おすすめのホテルコンド7選

では、ホノルルにあるホテルコンドの中から厳選して7つご紹介します。

トランプ・タワー・ワイキキ / Trump Tower Waikiki

住所:223 Saratoga Road, Honolulu, HI 96815

2009年にビーチウォーク地区にオープンしたトランプ・タワー・ワイキキは、38階建て、全469戸。
国際的に有名な「トランプホテル」による超高級なホテルコンドです。

ワイキキビーチや買い物、グルメスポットもすべて徒歩圏内という抜群の立地です。
全ユニットが個人所有であり、短期バケーションレンタルが可能。
ほとんどのユニットから緑いっぱいのフォートデルッシーパークの景色と、オーシャンビューが満喫できます。

各ユニットに備わっている機器は、一流品を揃えており、キッチンカウンターは高級御影石、バスルームは大理石を使用しているなど、非常に贅沢かつ洗練された造りが魅力です。
部屋のクリーニングなどのさまざまな一流ホテルサービスが付随しているため、オーナーにとって貸しやすいのもメリットといえます。

ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキ / The Ritz-Carlton Residences Waikiki Beach

住所:383 Kalaimoku Street Waikiki Beach, HI 96815

2016年7月にオープンした「リッツカールトン」ブランドの38階建ての高級ホテルコンドです。
ワイキキの玄関口に建ち、ティファニーやシャネルなどの高級ブランドショップが並ぶ「ラグジュアリー・ロウ」に隣接しています。

Tower1は38階建ての全308戸。
現在Tower2を建設中ですが、秋に完成すると、ツインタワーになります。

全室のうち8割をホテルとして貸し出しており、間取りはステュディオと1~3ベッドルームです。
ステュディオはキチネット付き、1ベッドルーム以上の部屋は、フルキッチン完備です。
ホテル併設のレストランは、「ザ・マーケット」、「ディーン&デルーカ」、「すし匠」と、どの店も一流の人気店です。

8階にあるロビー階には、ワイキキビーチを眼下に見下ろせるインフィニティ・プールやカバナ(テレビ付き)などのリラックスできるアメニティが揃っています。
日本語対応が可能なスタッフの数も充実しています。

アラモアナ・ホテル・コンド / Ala Moana Hotel Condo

住所:410 Atkinson Drive, Honolulu, HI 96814

1968年にカカアコエリアに建設されたアラモアナ・ホテルは、2005年に全面改装し、ホテルコンドに生まれ変わりました。
最初の販売時には非常に多くの見込み客が集まり、高価格でもすぐに完売。
今もなお人気が高まっているコンドミニアムの一つです。

アラモアナセンター、ワードセンターズ、アラモアナビーチパークなどがすぐ近くにあり、都会生活もビーチ遊びも近場で楽しめます。
ワイキキにもアラモアナセンターからトロリーやバスが出ているので便利です。

何といっても、買い物やグルメに便利なアラモアナセンターに直結していることは、最大の魅力でしょう。
ホテル1階にはスタバもあります。

アラモアナ・ホテル・コンドは、36階建てのワイキキタワーと13階建てのコナタワーで構成されています。
ワイキキタワーの各階の07号室と08号室は、最高のオーシャンビューが満喫でき、09号室から24号室は、東側の海の眺めを楽しめるでしょう。
またコナタワーでは、49号室から59号室までは、オーシャンビューとなっています。

間取りはワンルーム、1ベッドルーム及び2ベッドルームです。
高速インターネットが完備されているので、快適に過ごせます。

コナタワーのユニットは、ワイキキタワーのユニットよりも少し狭く、中層階の建物なので、ワイキキタワーほどビューが良くないこともあり、宿泊費が安く設定されています。
そのため、航空関係者や観光客の短期滞在の宿泊先として人気が高く、稼働率が安定しています。

購入を検討されている方で、ご自身の利用は比較的少なく、投資目的であれば、コナタワーの方が良いのではないでしょうか。
購入の際は、オーナーご自身の目的、滞在イメージ等を決めてから探すことが大切です。

ルアナ・ワイキキ / Luana Waikiki

住所:2045 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815

1970年代初めに、ワイキキの玄関口、カラカウア通り沿いに建てられたルアナ・ワイキキは、2004年に全面改装され、モダンな雰囲気の建物となりました。
17階建てでラナイ付きの217戸があり、各部屋はクラシックながら、トロピカルな雰囲気のインテリアが素敵です。

部屋のタイプはステュディオをはじめ、1ベッドルームと2ベッドルームが中心。
輝くトラバーチン(大理石の一種)の床、御影石仕上げのキッチンのカウンタートップ、上質な家具など、ラグジュアリー感にあふれています。

ルアナ・ワイキキの目の前には、高層の建物がないため、部屋からはフォート・デ・ルッシー公園の緑と、その向こうに青い海を見渡せる素晴らしい眺望を満喫できます。
共用エリアには、立派なプールやフィットネスジム、レクリエーションエリア、バーベキューエリアなどがあります。

また、ヨガレッスン、ワインとチーズによるレセプションパーティーなど、無料のプログラムが用意されているので、ホテル側のアットホームな雰囲気も十分楽しめるでしょう。
ワイキキへは「ザ・バス」の停留所が近くにあるので便利です。

また、ホテルの無料のレンタサイクルを利用してもよいでしょう。
ホテルコンドの中でも、比較的リーズナブルに利用でき、ワイキキの喧騒から離れた、静かな環境が魅力のルアナワイキキは、リピーターも多いホテルコンドです。

アロハ・サーフ / Aqua Aloha Surf Waikiki

住所:444 Kanekapolei St, Honolulu, HI 96815

アロハ・サーフはアラワイ運河近くのカネカポレイ通り沿いにある15階建て・254戸のリーズナブルなホテルコンドです。
部屋タイプは、20.4㎡のモデレートルームから58.1㎡の1ベッドルームスイートまでの5タイプ。

比較的コンパクトな部屋が中心ですが、上品で落ち着いた雰囲気です。
モデレートルーム以外は、全室ラナイが付いています。
安価な設定なので、1ベッドルームスイートを、家族4人で利用するとお得になるでしょう。

ワイキキはビーチまでは2ブロック、ショッピングやグルメが楽しめるインターナショナル・マーケットプレイスは、徒歩圏内にあるなど、立地にも恵まれています。
また、クヒオ通りへの交差点両側には、スーパーマーケットのフードパントリーとABCストアがあるので、食材の買い出しなどにも大変便利です。
アラモアナセンターへは、無料送迎シャトルバスが利用できます。

高速インターネット、地元の新聞や市内通話は無料、ロビーでのコーヒーと紅茶の24時間無料サービスなどもポイントが高いです。
また、毎週火曜日にはマネージャー主催のレセプションがあり、アルコールや軽食が提供され、宿泊客に好評です。
2017年には、NY&LAスタイルのヘルシーメニューが楽しめる「ジェイピーカフェ」がオープンしました。

パームス・アット・ワイキキ / Palms At Waikiki

住所:1850 Ala Moana Honolulu, HI 96815

1971年に建造された15階建て・全269戸のホテルコンドです。
2004年に全面改装され、現代的でよりオシャレな雰囲気に変わりました。

ワイキキの中心街とアラモアナセンターの中間に位置し、ワイキキ中心から少し離れていますが、買い物には便利な立地です。
近くにバス停もあるので、遠出もしやすいでしょう。

パームス・アット・ワイキキは、アクアホテルズにより管理されており、素晴らしいアメニティ施設と、利用率の高さを誇っているコンドのため、投資物件としても、週末や休暇用の別荘としてもおすすめできます。

部屋からの眺望や広さにより、下記の5つの部屋タイプに分かれます。ベッドのタイプはリクエストベースです。

シティービュー(22.7~33.7m2)
ダイヤモンドヘッドビュー(22.7~33.7m2)
パーシャル・オーシャン・ビュー(22.7~33.7m2)
デラックス・ジュニア・スイート(45m2)
ラグジュアリー1ベッドルームスイート・フルキッチン付き(50m2)

全客室には液晶テレビ(42インチ)、ブルーレイ/DVDプレーヤー、小型冷蔵庫と電子レンジが完備されているので、快適に過ごせます。
屋外プールとサンデッキ、フィットネスルームなどの施設、WiFi接続、ロビーでのコーヒー・紅茶のサービスなどが利用できます。
また、1階には、大人気のワイラナコーヒーハウスや、パンケーキショップのIHOPが入っているので、優雅な朝食を楽しめるのも魅力です。

ワイキキ・ショア / Waikiki Shore

住所:2161 Kalia Rd, Honolulu, HI 96815

ワイキキ・ビーチの砂の上に建つ唯一のコンドミニアム、ワイキキ・ショアは、希少価値の高い物件です。
15階建て・全168戸のワイキキ・ショアの隣は、フォート・デ・ルッシー公園が広がっており、前方を遮る建物がないため、全てのユニットから素晴らしいオーシャンビューが楽しめます。

天気が良い日には遠くのエバビーチ、マノアバレーの方まで見渡せるでしょう。
ワイキキ・ショアは海の目の前に建っていることもあり、建物自体は細長いため、どこの部屋からも山や海、ハワイの市街を一望できるのが魅力です。

清潔感あふれる室内は、スペースもゆったりとしているので、家族連れにも最適です。
ワイキキ・ビーチ・ウォークは、すぐ横にあるので、買い物や食事には事欠きません。
部屋のタイプは、スタジオから3ベッドルームまであり、購入を検討されている方は、幅広い選択肢から選べるでしょう。

フル設備のキッチンには、炊飯器もあります。
インターネットはもちろん無料です。
部屋のラナイからは、毎週金曜日に開催されるヒルトン・ハワイアンビレッジの花火が楽しめます。

最後に

ハワイへの旅行者数と旅行者による消費額は、2016年に過去最高を記録したそうです。
オアフ島の一般的なホテルは、通年で約85%という高い稼働率を維持しています。
ホテルと同じように運用されるホテルコンドも安定的な稼働率が期待できるので、オーナーは収入も期待できるでしょう。

ホテルコンドはホテルであるため、上質なサービスが受けられることも魅力です。
別荘は所有したいけれど、管理などが面倒と感じている方は、メリットが多いホテルコンドの所有を検討されてみてはいかがでしょうか。

ハワイでの不動産購入をご検討ですか?
おすすめの記事