日本のお祭りのように、ハワイでは毎年開催されているイベントがいくつかあります。
ハワイに観光で訪れた方も、ハワイに居住している方も、せっかくならこうした地元のイベントを一緒に体験してみたいですよね。

今回は定期的に開催されるハワイのイベントについてまとめました。
もし機会があるならば、自分の興味のあるイベントに合わせて、ハワイに訪れてみるのもいいかもしれません。

目次

1-3月のイベント

ゴルフ1-3月はハワイにおいて冬にあたりますが、常夏といわれるほど温暖な気候のハワイですので、日本人からすれば、冬とはいえ暖かいです。
むしろ日本の春の後半〜初夏のような気温なので、かえって過ごしやすいかもしれません。
この時期は地元の人にとってもスポーツがしやすい季節ということで、スポーツ関連のイベントが多くみられます。

ソニーオープン・イン・ハワイ(1月上旬 / オアフ島)

場所:ワイアラエ・カントリー・クラブ
公式サイト:www.sonyopeninhawaii.com

ソニーオープン・イン・ハワイは、カハラ地区にあるワイアラエ・カントリー・クラブで開催されるPGAゴルフツアーのうちの一つです。
1月10日前後から開催される当大会は、事実上のPGAゴルフツアーの開幕戦となっていて、日本人プレイヤーでも 、当大会が新年最初の出場大会となっていることが多いです。

今年ですと、松山英樹がこちらを初戦として出場しました。
また、今年の大会はタイガーウッズが出場したことでも話題となりました。
真冬のこの時期でもゴルフの大会ができるのは、ハワイならではともいえます。

ニューイヤーズ・オハナ・フェスティバル(1月上旬 / オアフ島)

場所:ハワイ日本文化センター
公式サイト:www.jcch.com

こちらはハワイ日本文化センターで、毎年1月上旬に開かれる、日本の文化をとりあげた新年のおまつりです。
日本のさまざまな食べ物を食べることができるほか、餅つき・和太鼓など、日本固有の文化の実演があります。
ハワイ在住の日本人が多く参加しますが、地元のアメリカ人もたくさん参加します。

今年は1月13日に実施されました。
毎年1月の第2日曜日の頃に開催されます。

マウイ・オーシャンフロント・マラソン(1月中旬 / マウイ島)

場所:マウイ島ワイレア ~ ラハイナ地区
公式サイト:www.mauioceanfrontmarathon.com

1月に毎年開催されているマウイ島のマラソンで、2019年は1月20日に開催されました。
来年は1月19日開催ということで、基本は1月の第3日曜日に開催されます。

コースの90%ほどが海の目の前を走るオーシャンビューコースなので、人気の高いマラソン大会です。
フルマラソンがあるのはもちろんのこと、子供用の5キロのコースもあるので、家族みんなで参加できるのも嬉しいですね。

またユニークな種目としてマムズクッキーランというのがあります。
ドーナツやクッキーなどのお菓子を準備するのが決まりですが、その代わり参加費が無料になります。
ゴールした後はみんなで用意したお菓子や朝食を食べるという 、自由なアメリカらしい楽しい種目となっています。

チャイニーズ・ニューイヤー(1月下旬 / オアフ島)

場所:ホノルル、チャイナタウンほか

こちらはいわゆる旧正月のお祝いにあたる行事です。
ハワイに在住しているチャイニーズは、約1ヶ月の間、旧正月をお祝いしますが、それをチャイニーズ・ニューイヤーといいます。
太陰暦で以って日程が決まるので、普通の暦ベースでは毎年日程が違っていて、1月と2月の間の新月の日から次の新月の日までをお祝いします。

ライオンダンス(獅子舞 )やパレードなど、さまざまな催し物がチャイナタウンを中心に行われます。
また、中間にあたる15日目には、ランタンフェスティバルという行事も行われます。

こちらは先祖を呼び起こす行事で、日本で言うところのお盆のようなものです。
さまざまな灯籠が街を彩ってとても綺麗です。

ケイキグレートアロハラン(2月中旬 / オアフ島)

場所:アラモアナビーチ市立公園
公式サイト:https://www.greataloharun.com/

毎年アラモアナビーチ市立公園で開催されるマラソンイベントで、2019年は2月18日に開催されました。
ホノルル港にあるアロハタワーからアロハ・スタジアムまでの距離を走ります。
毎年2月に開催されていて、今年で35周年になりました。

いわゆる市民マラソンとしては大規模な ものとなっており、記録を追求するというよりは、ランニングを楽しむようなイベントとなっており、沿道の応援する市民とふれあいながら、8マイル程度の距離を走行します。
服装について特段の規定はなく、普通のランニングの格好の方が多いですが、中には仮装をして走る方もいます。

コナ・ブルワーズ・フェスティバル(3月上旬 / ハワイ島)

場所:コートヤード・キング・カメハメハズ・コナ・ビーチ・ホテル・イン・カイルア・コナ・ビレッジ
公式サイト:www.konabrewersfestival.com

こちらはハワイ島 で開催されるビールの祭典です。
24回目になる2019年は、3月9日開催予定です。

ハワイとアメリカ本土のビール醸造所が集って、それぞれのビールを販売するイベントです。
数十種類のビールが楽しめるのはもちろんのことですが、ビールに合うように工夫された食事を出すレストランも多数準備されます。
ハワイ島としてはかなり規模の大きなイベントになっております。

近年はビールフェスティバルに合わせてマラソン大会も開催されます。
こちらも多くの市民ランナーで賑わいます。
走って運動した後に飲むビールは最高です。

4-6月のイベント

コーヒー4月にもなるとハワイでは春ですが、日本人の感覚からすると、初夏のような陽気を感じます。
気温はそれなりに高いですが、湿度が低い分、日本人にとっては快適かもしれません。

そのような外に出たくなる時期のはずですが、実は4月はハワイではイベントは少なくなっています。
一年中夏なので、日本の春のような感覚は少ないのかもしれません。
ただ、5月になると再びイベントは多くなります。

ワイキキ・スパム・ジャム(4月下旬 / オアフ島)

場所:カラカウア大通り
公式サイト:www.spamjamhawaii.com

こちらはカラカウア通りで開催される、スパムを愛する方のためのイベントです。
スパムとは缶詰にされた加工肉の食材のことです。

日本でも沖縄ではしばしば食されますが、それ以外の地域では「名前は知っているけどあまり食べない」と言う方が多いでしょう。
アメリカではよりポピュラーな食材で、その独特な塩気のある味が大好きと言う方も多いです。
このイベントではスパム君というスパムのマスコットキャラクターや、スパムに関する さまざまなグッズが販売されたり、ライブや催し物が行われます。

イベント当日はカラカウア大通りが通行止めになるほどの大きなイベントです。
もちろんスパムを用いた料理を提供するレストランもオープンします。

今年は4月27日に実施される予定です。
毎年4月の末 、日本で言うゴールデンウィークが始まるころに実施されます。

レイデー・セレブレーション(5月1日 / オアフ島)

場所:カピオラニ公園

こちらは毎年5月1日に開催されるレイのイベントです。
レイとはハワイの空港などで売っている 、首にかけて貰えたりする花でできた大きな首飾りのことです。
レイが最も似合う女性、レイ・クイーンの選出や、コンサートなどが開催されます。

会場には多様なレイや、レイをまとった女性で一杯になるので、花の香に包まれると話題になっています。
曜日に関係なく、5月1日に開催される理由として、メーデーの日と何らかの関連性があるという噂があります。

カウコーヒー・フェスティバル(4月下旬〜5月中旬 / ハワイ島)

場所:パハラコミュニティーセンター
公式サイト:kaucoffeefestival.com/japanese.html

ハワイは温暖な気候なので、カウコーヒーというハワイ島のコーヒー品種があるくらい、実はコーヒーの栽培が盛んな地域です。
そのカウコーヒーを存分に楽しめるのが、このカウコーヒー・フェスティバルです。

開催されるのは、例年4月下旬〜5月中旬にかけてで、ちょうど日本のゴールデンウィークを挟む形で行われます。
開催される日程が長いので、日によってさまざまな催しが行われます。
コーヒーの試飲やコーヒーと一緒に楽しむ食事、農園ツアーや農場体験など、まさにコーヒーに関する全てを楽しむことができるようなイベントとなっております。

ランタンフローティング・ハワイ(5月最終月曜日 / オアフ島)

場所:アラモアナビーチパーク
Webサイト:www.lanternfloatinghawaii.com

こちらはメモリアルデーに毎年開催されるイベントです。
メモリアルデーとは日本語で言うと戦没者追悼記念日で 、その名の通り、これまでの戦争で亡くなった方を追悼する日です。

アラモアナビーチにて 、ランタンと呼ばれる、いわゆる灯篭を海に流します。
沢山の灯籠が海を流れていく光景は、もの悲しいながら幻想的な風景で、見物をする観光客も多いです。
但し、あくまで、死者を弔うイベント ですので、見物するときは礼儀正しく、節度をもって参加することを徹底しましょう。

50th ステート・フェア(5月末~6月下旬 / オアフ島)

場所:アロハ・スタジアム
公式サイト:ekfernandezshows.com/event-details.asp?eventid=206

毎年上記の時期に開催される 、ハワイが50番目の州に仲間入りしたことを祝うイベントです。
サーカスやミニ動物園、フラダンスなど、さまざまな催し物もありますが、なんといってもこの時期にだけ 、移動式の遊園地がアロハ・スタジアムに登場します。
お祝いだからといって遊園地を作ってしまうのがなんともアメリカらしくておもしろいです。

今年の目玉アトラクションは、ゼログラビティー、ロッキンタグ、ブラックアウトです。
イベント参加には入園料、アトラクション料など、さまざまな料金 がかかりますが、この楽しさを経験できるのなら、ついお金を使ってしまいそうです。

7-9月のイベント

サーフィン7-9月は日本でもそうですが、ハワイでも夏真っ盛りです。
海はハワイにとって日常的な存在なので、日本人がイメージするほど海に関わるイベントは多くありません。
ただ、この真夏の時期はさすがに夏らしい海のイベントがいくつか開催されます。

プリンスロット・フラ・フェスティバル(7月中旬 / オアフ島)

場所:モアナルア・ガーデン
公式サイト:www.moanaluagardensfoundation.org

MGFという団体が主催するフラダンスのイベントで、2019年で42回目の開催となります。
今年は7月20日・7月21日に開催されます。

競技ではなく 、競わないフラダンスの祭典としては、一番長い歴史をもつフェスティバルです。
屋外で本格的なフラダンスを鑑賞することができます。
尚、MGFはハワイの自然環境を保護する団体で、このフラダンスフェスティバルは、自然保護に対するチャリティーと言う性質もあります。

オール・コレクターズ・ショー(7月中旬 / オアフ島)

場所:ニール・ブレイズデル・センター
公式サイト:www.ukulele.com/collect.html

こちらは日本語で言うと、アンティーク・骨董品のイベントになりますが、日本でイメージするよりも、ずっと大規模に実施されるイベントです。
2019年は7月14日に実施されるようです。

ハワイではアンティークの概念が広く浸透しており 、コイン・切手・宝石、はたまたおもちゃに至るまで、数百のブースが出展されます。
アンティークに興味がない人でも楽しめる物品もあるので、アンティークコレクター以外の人も広く参加することもあり、当日はかなり多くの人で賑わいます。

ハワイアン・インターナショナル・ビルフィッシュ・トーナメント(7月末~8月上旬 / ハワイ島)

場所:ハワイ島 / カイルア湾出発
Webサイト:www.hibtfishing.com

釣りの世界では有名な カジキマグロのフィッシング大会です。
ちょうど2019年で60周年となります。

ハワイのカイルア湾沖は、超大物のカジキマグロが釣れる海域なので、毎年フィッシングの腕に自信のあるものが、自らボートを出して釣果を競います。
昨年は652ポンドのカジキが上がったようで、公式サイトでも紹介されています。

652ポンドはkgでいうと259kgになります。
これだけの大物を釣り上げるというのは驚きです。
今年も開催されることは間違い無いですが、まだ詳細な日程が公表されておりません。

デューク・カハナモク・オーシャン・フェスト(8月下旬 / オアフ島)

場所:ワイキキ・ビーチ
公式サイト:www.dukesoceanfest.com

観光地 としてのハワイの中心地に当たるワイキキ・ビーチにて行われるイベントです。
オーシャンスポーツを普及させることを目的としていて、サーフィンを始めとした、さまざまなオーシャンスポーツのイベントが行われます。

ちなみにイベント名のデューク・カハナモクは、ハワイの伝説のサーファーと言われている人です。
ただし、カハナモク氏自身、サーフィンに留まらず、さまざまなウォータースポーツを嗜み、また普及に努めた人物です。
そのカハナモクを讃える意味も込めて、カヌー、サーフィン、遠泳、パドルボートなどの競技のほか、さまざまなパーティーなども行われます。

カウアイ・マラソン(9月初旬 / カウアイ島)

場所:ポイプビーチ
Webサイト:http//www.sponavihawaii.com(日本語エントリー)

9月に入ると暑い時期 もひと段落し、再びマラソンイベントが始まります。
こちらは人口が少ないこともあって、イベントも多くないカウアイ島でのマラソンイベントです。

都会のオアフ島とは一味違う郷愁を誘う街並みや、ハワイの自然風景の中を走ることができます。
もちろん海岸線も通ります。

上記のサイトは、日本語で表記されているので、申し込みも容易になっています。
ホノルルマラソンとは一味違うマラソンを楽しみたい方は、エントリーしてみましょう。
今年は9月1日に開催予定です。

ワイキキ・ラフウォーター・スイム(9月初旬 / オアフ島)

場所:ワイキキ・ビーチ
公式サイト:www.waikikiroughwaterswim.com

ワイキキ ・ビーチで開催されるスイムイベントです。
ワイキキの海を泳ぐオープンウォーター競技になっていて、3.8キロほどの海上のコースを泳ぎます。
こうした遠泳競技としては、ハワイのイベントの中で古くから存在するイベントです。

2019年は9月2日に開催され、50周年記念大会となっております。
遠泳の競技なので 、ワイキキの海を存分に泳ぎたい方には、最適なイベントです。

アロハ・フェスティバル(9月下旬 / ハワイ各島)

場所:カラカウア大通りほか
公式サイト:www.alohafestivals.com

ハワイのイベントの中でアロハ・フェスティバルは、外すことはできません。
おそらく規模としてはハワイ州最大のお祭りとなります。

概ね9月全体の 1ヶ月に渡り、ハワイ州全体で開催されるお祭りです。
1947年から開催されていて、もう70年以上も続いています。

ハワイの伝統文化を後世に伝えることを最大の目的としていて、ハワイの文化をテーマにした催し物やパレードなどが各所で行われています。
また、フェスティバル後半(2019年は9月22日)には、カラカウア大通りが歩行者天国となり、ライブや多くのイベントが開催されるパーティー、ワイキキ・ホオラウレアが行われます。

フェスティバルの最後は、フローラルパレードが行われます。
これはハワイ8島のプリンセスを筆頭に、ハワイ各島の伝統が反映されたパレードで、全米で3番目の規模と言われています。

10-12月のイベント

マラソン最後は一年の最後の 3ヶ月、秋から冬にかけて行われるイベントです。
いうまでもありませんが、ハワイはこの時期でも温暖で、日本人にはかえって過ごしやすい時期と言えます。
10-11月は芸術関連のイベントが多く、また12月にはおそらく世界でも有数の知名度を誇るホノルルマラソンや、年末関連のイベントが多くなってきます。

マウイ・ウクレレ・フェスティバル(9月末〜10月上旬 / マウイ島)

場所:マウイ島アーツ&カルチュラルセンター
公式サイト : www.ukulelefestivalhawaii.org/jp/maui.htm

ウクレレフェスティバルは、ハワイの各島で実施されるのですが、イベントが多くないマウイ島では、このウクレレフェスティバルが比較的大きなイベントとなっているのでここで紹介します。

ウクレレフェスティバルは、その名の通り、さまざまなウクレレプレーヤーがライブを開催する、ウクレレのライブフェスとなっております。
今年はカレンダーの関係で9月30日に開催されますが、例年は10月の初めの日曜日に開催されることが多いです。

抽選会の実施やレストランの設営などもあります。
またプロのプレーヤーだけでなく、地元の子供やお年寄りによる演奏もある、島をあげたイベントとなっております。

アイアンマン・ワールド・チャンピオンシップ(10月上旬 / ハワイ島)

場所:ハワイ島カイルア・コナ
Webサイト:www.ironman.com(公式サイトではなく、トライアスロン大会の情報サイトです。)

こちらはハワイで開催されるトライアスロン大会となっています。
実は世界初のトライアスロンイベントであると言われています。

世界中で行われる予選を勝ち抜いたものだけが、ハワイの地でこの 競技に参加することができます。
従って距離も本格的で、水泳2.4マイル(約6.8キロ)、バイク112マイル(約180キロ)、マラソン26.2マイル(約42キロ)の超長距離の競技です。

ハロウィン・イン・ワイキキ(10月31日 / オアフ島)

場所:カラカウア大通り

明確 にフェスティバルとされたものではないので、公式サイトなどはないのですが、ハワイでもハロウィンは大々的に行われます。
ワイキキのメインストリートにあたるカラカウア通りは、毎年さまざまな仮装をした人で溢れかえります。

ハワイ国際映画祭(11月上旬 / オアフ島)

場所:リーガル・ドール・キャナリー・スタジアム18ほか
公式サイト:www.hiff.org※デバイスの言語設定を英語にしないと見ることができない場合があります

ハワイ はもちろん、周辺の島からも多くの観客や監督、出演者が訪れる、太平洋地域最大の映画フェスティバルとなっております。
毎年200本以上の映画が上映されるワールドクラスのイベントとなっております。

2019年は11月7日〜17日の開催となっております。
日本の作品も上映されることがあり、2018年は万引き家族が上映され、斎藤工さんが賞を受賞しております。

ヴァンズ・トリプルクラウン・オブ・サーフィン(11月中旬~12月下旬 / オアフ島)

場所:ノースショア
公式サイト:www.vanstriplecrownofsurfing.com

この時期にはいくつかのサーフィンの競技が開催されますが、中でも大波 が出やすく、サーファーの聖地と呼ばれているノースショアの大会が有名です。
世界中からトップクラスのサーファーが集まって 戦いを繰り広げます。
W杯のように国別でも競っていて、昨年はブラジルが優勝しております。

JALホノルルマラソン(12月上旬 / オアフ島)

場所:アラモアナ(スタート)〜カピオラ二公園(ゴール)
公式サイト:www.honolulumarathon.jp

JALホノルルマラソンは、おそらく ハワイの中で、日本人にとってはもっとも有名なイベントだと思われます。
今年で43回目となるこのイベントは、「健康増進 にはマラソンがいい」という理念から生まれたというのだから驚きです。

基本のコースはフルマラソンですが、時間制限がないというのがこのマラソンの大きな特徴です。
朝5時スタートと早いですが、12月のハワイは日本人にとっては走りやすい気候ともなりますので、フルマラソンデビューをこのマラソンでする方も多いです。

3万人ほどが毎年参加しますが、そのうち1万人以上が日本人というデータがあるので 驚異的です。
日本航空が協賛しているというのも背景にありますが、完全な日本語公式サイトがしっかり準備されています。

また近年は10kmラン・ウォークという種目も加わりました。
その名の通り、10kmのコースを走っても歩いてもOKということで、こちらも時間制限なしです。
より多くの方が気軽に参加できる競技となっております。

ホノルル・シティー・ライツ(12月初旬~1月上旬 / オアフ島)

場所:ホノルル市庁舎ほか
公式サイト:www.honolulucitylights.org

こちらはいわゆるイルミネーションイベントで、12月1日から1ヶ月に渡ってホノルル市庁舎中心に、クリスマスツリーやさまざまなイルミネーションが街を彩ります。
12月の初日には点灯式やパレードも行われ、雪は降らないハワイのクリスマスシーズンの幕開けとなります。

ニューイヤーズ・イブ・セレブレーション(12月31日 / ハワイ各島)

場所:ワイキキ・ビーチほか

その名の通り、新年のお祝いをするイベントです。
ハワイの各島でおこなわれますが、オアフ島のワイキキ・ビーチで催されるものが、もっとも大規模となっております。

花火やカウントダウンなどが行われ、年末と新年を多くの人とともに祝うことができます。
このイベントがハワイの1年最後の、そして最初のイベントとなります。

最後に

以上で ハワイの1年のイベント紹介は終了です。
ハワイは常夏でオフシーズンがないため、どの時期にも比較的満遍なくイベントがあるのが特徴です。

やや少ないのは4月くらいでしょうか。
地元に住んでいる方はもちろんですが、観光客の方も、訪れたタイミングに行われているイベントに参加してみるのも面白いかもしれませんね。

おすすめの記事