ハワイは常夏の島で、日本と比較すると、一年とおして寒暖や気候の起伏が少なく、明確な「シーズンオフ」がない島です。
ただ、ハワイに訪れる目的や着目点によっては、ハワイのベストシーズンは変わってきます。

今回はいくつかの目的や着目点ごとのハワイのベストシーズンを紹介していきます。

気候のベストシーズン

まず気候で言うと、一年中Tシャツで過ごせるハワイですが、11〜3月は雨季にあたります。
気温は日本人の感覚だと暖かいのですが、雨や最悪嵐の日が多くなります。

また、温かいといっても 夏日である25度を少々超える程度といった日も増えるので、海水浴には少々涼し目になるので、長い時間海に入っているのは、難しいです。
波も高い傾向にあるので、気候だけでみれば、この時期の旅行はおすすめできません。

一方反対の4〜10月が乾季で、からっとして温暖な気候が続きます。
従いまして、一般的には気候だけで判断する場合のおすすめの時期は、4~10月ということになります。
さて、この温暖で少雨な4~10月の中では、「いつがベストか」ですが、これはある程度、旅行者の好みにもよります。

特に雨が少なく、気温も上がるのは7〜9月です。
暑いと言っても平均26〜7度、日中の最高気温でも30度前半あたりが中心で 、湿度は日本の夏よりぐっと低いです。

日本も東京あたりですと、近年は猛暑日も当たり前になってきているので、近年の日本の感覚ならば、北国住まいの方以外は、そこまで辛さを感じないようです。
従いまして、雨を極力避け、「これぞハワイ!」と言った気候を楽しむなら、やっぱり7〜9月がおすすめです。

一方、それでも「真夏は暑すぎる」「日差しが辛い」という方は、5月辺りも狙い時です。
5月ですと、最高気温は概ね30度前後のあたりに おさまります。

もう雨季は終わっているので、雨もさほど多くないですし、南国の花が咲き始める時期ですので、彩り豊かなハワイが見られます。
暑さが苦手だけど、それでも「天気のいいハワイを楽しみたい!」という方には、5月がおすすめです。

お金を節約するうえでのベストシーズン

次にできるだけ日本から安くハワイに行きたい場合のベストシーズンを紹介します。

ハワイは日本の連休や休暇シーズンだけでなく、ホノルルマラソンやアメリカ本国の行楽シーズンなんかにも、値段は上がります。
そしてクリスマス~年末のような世界中の大半が休暇に入るような時期は、最も高くなります。

日本・アメリカ本国・世界各々の要因を勘案すると、安く旅行できる傾向にあるのは、「正月明けの1月~3月」、「4月春休み明け〜ゴールデンウィーク前」と、「ゴールデンウィーク後、夏休み前まで」となります。

これらのうちどれがいいのかは、五十歩百歩の世界ですが、一番安いのは「1月~3月」の雨季真っただ中になります。
従って真に底値を拾いたいという場合は、この時期がベストシーズンです。

一方でさすがにもう少し温かい時期に訪れたい、という人もいるかと思います。
その場合は、雨季明けたて、乾季の入り口でまだまだ雨のリスクもある「オンシーズンの端っこ」にあたる、4月の方がゴールデンウィーク後よりは、安い傾向にあるようです。
従って、オンシーズンで 、少しでも安くしたい 場合は、4月~ゴールデンウィーク前がベストシーズンとなります。

また、5月のゴールデンウィーク明けは、前述の通り、南国の花が咲き始める時期でもあるので、「価格+気候」のバランスという意味では、5月のゴールデンウィーク明けも悪くないですね。

ちなみに最も値段が高いのは、ホノルルマラソン〜年末年始だそうです。
ゴールデンウィークが日本だけの連休であるのに対して、クリスマス、年末年始は全世界的にお休みになるので、雨季ではありますが混雑し、価格は高騰します。
芸能人もよく年末年始にハワイに行ったりしていますが、実はオフシーズンの価格は、高騰する時期 ということになります。

どれくらいの差が出るかと言いますと、ホテルの価格差はホテルによりけりなので、比較的 難しいですが、航空券では最も高い時期と、最も安い時期とで、だいたい10万円くらいの差がでます。
当然といえば当然ですが、行く時期によってかなりの価格差が生じるということです。

さまざまな目的別のベストシーズン

サーフィン前章まででは気候と価格という観点からのベストシーズンを紹介してきましたが 、実はハワイに「何をしに行くか?」によってもベストシーズンは、様々です。
ここからは目的別のベストシーズンを紹介していきますので、是非参考にしてください。

①新婚旅行

新婚旅行の場合は、夫婦が何を大切にするかにもよってきますが、一般的には価格と気候を勘案して時期を選んでいきます。
新婚旅行をなるべく安く済ませたいという方もいるかと思います。
そんな方におすすめの時期は、夏休み前です。

ここは先に書いた通り、南国の花咲く美しいハワイが見れますし、かつ価格も安いです。
新婚旅行はお二人の記念なわけですから、美しい景色の中で過ごしたいという新婚さんが多いと思います。

その点、このゴールデンウィーク明けの5月というのは、おすすめです。
日本では梅雨なので、じめっとした時期を忘れて快適に過ごすことが出来ます。

②ホエールウォッチング

ハワイはホエールウォッチングの名所としても近年知名度をあげています。
太平洋に浮かぶ島国なので、少し沖に出れば、ホエールウォッチングのチャンスが高まります。

さてホエールウォッチングですが、実は冬の11〜3月がベストシーズンです。
この時期は北からクジラがおもにマウイ島を中心に、出産や子育てのためにハワイ周辺に集まってきます。

「冬のハワイはホノルルマラソンか、ホエールウォッチング!」という人もいるくらいメジャーな時期です。
また、年により多少の幅はあるようですが、一番よくクジラを見る機会が多い時期は、基本的には1月だと言われています。

③ホノルルマラソンに出る

ホノルルマラソンは 12月の10日ごろに開催されますので、12月上〜中旬に訪れるつもりでいるとよいです。
尚、この時期は、ハワイは真冬にあたりますので、朝晩は意外に冷えることもあるので注意です。

先にも書いた通り、ホノルルマラソン以降は、クリスマス~年末の繁忙期に入っていきますので、価格が高くなります。
ホノルルマラソンだけでなく、観光も楽しみたいという方も多いと思いますので、 その場合は価格面も考慮して、ホノルルマラソンより前の数日を観光に充て、ホノルルマラソン終了後は早めに帰るという日程がお勧めです。

ちなみに余程鍛えた人でない限り、ホノルルマラソンを完走した後は、筋肉痛で動けなくなると言われます。
その点でもマラソンの前の日程を、観光に充てる方がよりハワイを楽しむことができるといえます。

④ショッピングを楽しむ

ハワイには大きなセール期間が2つあります。
1つ目が7月4日の独立記念日直前のセール、2つ目がいわゆるブラックフライデーです。
ブラックフライデーは、11月第4木曜日の感謝祭翌日から始まり、クリスマス前まで続くセールです。

規模としてはブラックフライデーの方が大きいのですが、こちらはホノルルマラソン前後の価格高騰期と重複する場合もあるので、その場合は7月のセールのほうが旅費もおさえられます。
一方で、「これぞ本気のバーゲン」という雰囲気も含めて楽しみたいという方には 、ブラックフライデー以降のバーゲンがおすすめです。

アメリカのバーゲンは日本とは気合が違っていて、深夜0時から開店するお店や、超早朝にタイムセールを行うお店なんかもあるみたいです。
尚、感謝祭当日、及びクリスマス当日は、ほとんどのお店がお休みなので、勘違いして日程を組まないように要注意です。

ちなみにショッピングでは、クリスマス後はクリスマス製品のたたき売り、元旦には福袋も販売されますので、これはこれで楽しむことができます。
とはいえ、あくまで安くショッピングを楽しむならば、独立記念日以降 、ショッピングを本気で楽しむなら、ブラックフライデー以降のセールがベストシーズンというところです。

⑤ハワイでゴルフを楽しむ

ゴルフ好きな人なら、ハワイのゴルフ場でゴルフを楽しむのがおすすめです。
ハワイは常夏で気候が安定しているので、日本と比べると、ゴルフはいつでも楽しめますが、4月と10月はグリーンの整備が入るので、コンディションが悪くなりがちですので、この時期は避けた方がいいです。

それでは、いつが ベストシーズンかというと、ハワイの気候は基本的にゴルフをやるには「やや暑い」気候となりますので、真冬に当たる12~3月がとくにオンシーズンということになります。

ただし年末年始前後は、ハワイ自体が混雑するため、もちろんゴルフ場も混雑します。
混雑を避ける、ということを考えると、3月ごろが最もおすすめです。
この時期はまだ雨季で涼しいものの、雨季としては終わりかけで 、大分雨は減ってくる時期なので、雨季にしては天気に恵まれる可能性が高いです。

⑥ハワイ島で登山

少し上級者向けの楽しみ方にはなりますが、離島で大自然を楽しみたい方向けに紹介します。
一般的な観光スポットである、オアフ島のビーチリゾートではなく、もう少しワイルドな場所を観光したいと思う人におすすめなのがハワイ島でのトレッキングです。

ハワイ島はハワイ州の中で一番大きな島で、有名なキラウエア火山やマウナケア火山といった、二つの山があります。
4,000mを超える火山ですので、なかなか本格的なトレッキングが楽しめるということで、アウトドア派の方には、人気のスポットです。

この二つの山は高山ということもあり、気候が麓とは大きく変化します。
このハワイ島だけで世界中の多くの気候が体験できると言われています。

ようするに、山のてっぺんはハワイとは思えないくらい寒くなることもあるのです。
真冬には霜が降りたり、雪が積もることも珍しくありません。

登山は山頂の天気が安定しているほうが当然適しています。
麓が雨季の時期は、山頂は本格的に冬なので、こうした離島での楽しみのためにハワイを訪れる場合は、夏場の方がおすすめです。

夏場でも4,000m級の山なので、頂上の方は冷涼な気候となっております。
訪れる方は温かい服の持参を忘れないようにしましょう。

⑦サーフィンをしたい

ハワイのビーチでサーフィンを楽しみたいという人も多いです。
サーフィンについては、海水浴同様、1年中楽しめます。
ただし、 ハワイのサーフィンのベストシーズンは、サーファーの技術により変わってきます。

初級者~中級者は波が穏やかな時期の方がおすすめです。
ハワイの波は時期によってはかなり高いので、初心者がうまく波に乗るのは、非常に困難な場合があります。

一方夏場の7~9月の乾季真っただ中は、気候も安定していますが、波も非常に穏やかなことが多いです。
従って、初心者~中級者については、この7~9月を中心とした夏場のサーフィンがベストシーズンと言えます。

一方、上級者になればなるほど、ハワイのサーフィンの醍醐味を高い波に求めるようになると言われています。
ハワイのサーファーの聖地と言われている、オアフ島北部のノースショアは高い波が評判で聖地となっています。

ハワイで高い波が出る時期は 、先にも紹介した通り雨季になります。
従って上級者の方 のサーフィンベストシーズンは雨季で 、特にその真っただ中の12月ごろとなります。

最後に

今回は さまざまな目的や着目点から、ハワイのベストシーズンを紹介しました。
リゾートでの観光として楽しむなら、夏場がベストシーズンになる一方、ホエールウォッチングや、ゴルフ、上級者向けのサーフィンなど、意外に冬の方が楽しめるアクティビティも多いのもハワイの魅力です。

価格も時期によって大きく異なりますが 、それぞれの目的にとってのベストシーズンに訪れることで、よりハワイを楽しむことができるでしょう。

おすすめの記事