REALTORS®のホノルル支所がリリースした記事によると、2018年12月のオアフ島の住宅販売においては、前月に引き続き取引件数の減少が鮮明となっておりますが、価格については安定した水準を維持しておりました。

この記事は、Multiple Listing Service(MLS)によって電子的に集計された、ホノルルのリアルター(米国の不動産の仲介業者)の売買データを基に作成されています。

【各種指標の概要と3か月の推移】

戸建て販売

販売物件数 販売価格中央値
件数 前月比 前年同月比 価格 前月比 前年同月比
2018年10月 309 0.0% -13.0% $800,000 -1.5% +6.4%
2018年11月 288 -6.8% -13.3% $797,000 -0.4% +3.0%
2018年12月 259 -10.1% -28.3% $788,000 -1.1% +5.1%

コンドミニアムの転売

販売物件数 販売価格中央値
件数 前月比 前年同月比 価格 前月比 前年同月比
2018年10月 443 -13.3% -9.4% $390,000 -8.9% -1.9%
2018年11月 429 -3.2% -14.4% $420,000 +7.7% +3.7%
2018年12月 440 +2.6% -4.6% $398,000 -5.2% -1.6%

12月は前年同月比で見て、戸建て販売件数が28.3%も落ち込みました。
また、コンドミニアムでも4.6%減少しております。

一方、価格については引き続き安定しており、戸建ては前年同月比で5.1%の上昇、コンドミニアムは下落したものの、その幅は-1.6%と、小幅にとどまっております。
物件が在庫として市場に並ぶまでの日数は、戸建てが30日、コンドミニアムが25日と、いずれも前月より小幅に増加しました。

足元3か月で見てみると、戸建て住宅の販売件数の低下が際立っており、10月の300件台から一気に12月は200件台中盤まで落ち込んでおりますし、三か月連続で、前年同月比で二けた台の減少幅となっております。

コンドミニアムについては、足元3か月で比較すると、下げ止まっているように見えますが、やはり、前年同月比では減少が続いています。
12月は元々、取引 が落ち込むタイミングではありますが、それを加味しても、2018年12月の取引件数の落ち込みは顕著です。
一方、価格については足元3か月でみても、変動幅は小さく、やはり安定しているといえます。

12月のオアフ島不動産販売の状況について、REALTORS®のホノルル支所長Darryl Machaは次のように総括しました。

「取引件数が減少したことにより、販売できる状態に整っている在庫が増えつつある。
この四半期から2019年初にかけては、これまで需要超傾向にあった不動産市場が転換点を迎え、需給バランスが均衡した状況になりつつあると考えている。
戸建て、コンドミニアム双方の在庫が豊富になってきていることにより、物件購入を検討している層の選択肢は、増えてきている。
住宅ローン金利は依然低い状態にあるが、2019年中に金利は上昇してくると想定されているので、これまで市場の様子をうかがっていた潜在的な購入者層が、より具体的に物件購入を検討し始める可能性がある」

おすすめの記事